選択できる決済

信用取引の大きな特徴の一つとして株券や債券を代用有価証券として、委託保証金に代えて使用できることが挙げられます。通常であれば有価証券はあまり上手く活用することが出来ませんが、信用取引で代用有価証券として有効的に活用していくことが出来るのです。これは信用取引を行なうことで得られるメリットと言えます。しかし代用有価証券を使用する際には幾つか注意する必要があります。それは掛け目と呼ばれている保証金の換算率が予め決められているということです。保証金の換算率が定められているので、換算率によって評定がくだされることになるのです。事前に換算率を確認してみると良いでしょう。そして、信用買いには決済の方法が大きく分けて2種類あるといことを理解しましょう。2種類の決済方法とは現引と返済売りです。通常の借金とは異なり、信用買いで購入した株式は購入時より半年以内に返済しなければならないのです。そのため、半年以内に現引か返済売を行って、信用買いで購入した際には半年以内に決済を済ませなければいけないということを抑えておきましょう。

信用買いを行った際の決済方法は現引と返済売りの2種類ありますが、証券会社側から決済方法についての指定はほとんどなく、信用買いを行なう投資会社が好きな決済方法を選択することが出来ます。現引という返済方法は現金で証券会社に支払いを行なう方法です。そして返済売りとは、購入した株式を売却して、返済する方法です。状況によって決済方法を選定する必要がありますので、それぞれの決済方法の特徴を抑えておきましょう。事前に利用する証券会社のホームページや資料などに書かれている情報にはしっかり目を通しておくと良いでしょう。